平松モモコの似顔絵&ポイントメイク屋さん



イラストレーターの平松モモコさんにSOKOAGEメイクをしていただきました。
わたくし桃色気分です!みんなもやったらいいのよ!


『平松モモコの似顔絵&ポイントメイク屋さん』
PORTRAIT&POINT MAKEUP SHOP

〈日時〉
2017年12月10日(日)、11日(月)、15日(金)、16日 (土)

〈場所〉
エムエム・ブックスみの
岐阜県美濃市俵町2118−19

〈時間帯〉
12時〜17時

詳しくはモモコさんインスタグラム(https://www.instagram.com/momoko_hiramatsu/)か
mmbooksさんホームページ(http://murmurmagazine.com/shop/10976/)をご覧くださいませ。

『MOYPUP POP UP』にて、おやつをつくります

2017年12月1日(金) 〜 12月3日(日)
アーティスト・金谷裕子さん展覧会
『MOYPUP POP UP』
http://salon.shima-uma.co.jp/moypup-pop-up/

会期中に行われるイベントのオーガニックスイーツやドリンクを
わたしが担当することになりました。



◯12月2日(土) ワークショップ「極彩色の花輪作り」/金谷裕子さん


◯12月3日(日) ライブ/ダスティン・ウォングさん & 嶺川 貴子さん


両日のおやつには金谷裕子さんの作品たちを思いながら、
オーガニックさつまいもや小豆を贅沢に使って
色とりどりのプリンを作ります。



12月3日(日)にご用意する、自家製ハーブティーやほうじ茶豆乳チャイなど、
スイーツやドリンクはすべて植物性100%です。
この日は星の坊主さまのハンドドリップ・オーガニック珈琲もありますよ。

会場となる「Shimauma Salon」は、
大きな道路に面したドアを開け一歩足をふみいれると、
美しく整えられた部屋が急に目の前に置かれていて、
空気もなんだかとってもきれいで、
都会のどまんなかにあるとは思えないほど
落ち着いた気持ちになれる場所です。

12月1日(金)には『Shimauma night』と題して、
オープニングパーティーも行われるようですよ。
おいしいお酒とともに、夜の光で作品を鑑賞できるチャンスです。

ぜひ、気軽に足を運んでくださいね。
素敵な作品や音楽と一緒に、みなさまにお会いすることを楽しみにしています。

◯詳しくは『MOYPUP POP UP』ホームページをご覧ください。
http://salon.shima-uma.co.jp/moypup-pop-up/

〈 2018年版 カレンダー〉『草暦』



わたしたちがとってもお世話になっている
草文化探究、作家の矢谷佐知子さんと、
手仕事研究家の石田紀佳さん制作のカレンダー、
『草暦』をお取り扱いしています。

二十四節気と七十二侯のことばと
満月と新月の時刻をしるし
新月を旧暦の朔日(ついたち)として
月暦五節供などがのっています



星の坊主さまの家ではトイレに吊っています。
毎年愛用しているわたしたちの友人たちもそのようにしている人多数。

どうしてなのかはわかりませんが、あの小さな空間が『草暦』のおかげで清められているような…そんな気がします。

年の暮れの贈り物にも、とっても喜ばれますよ。



ご購入は星の坊主商店のサイトから、もしくは、メールでご連絡ください。

〈星の坊主商店〉
http://shopping.starbows.net/?pid=124810538

〈メール〉
toumei@starbows.net

- - - - - -

『草暦』
*2018年1月~2019年の2月(いわゆる旧暦元旦)まで記載

〈サイズ〉
96mm × 210mm

〈色〉
深チャコール

〈紙質〉
楮とマニラ麻とパルプ(比率は企業秘密とのこと)

〈発送〉
こちらはスマートレター(料金 180円)でお送りします
その他の配送方法をご希望の方はご購入時にお知らせください

【お知らせ】講座:旧暦長月十三夜『月まつり』/2017年11月1日(水)、11月2日(木)



月について、私たちはどれだけのことを知っているのでしょう。
受け取っているエネルギーをどれだけ感じることができているのでしょうか。

月に秘密があるのだとしたら、それは隠されているのではなくて、ただ存在しているだけなのだと思います。

だから、はっきりくっきり明らかにしようとすると、どんどん遠ざかってしまう。

わたしたちは、実際に起こっている現象や、月そのものに眼や意識を向けて、ひとつずつ確認していくだけで充分なのかもしれません。

本会『月まつり』は、月が導く旧暦の十三夜、まさにその日に行います。
さらに、会場は月信仰があったとされる地域です。
この巡り合わせで会が立ち上がったことに不思議なご縁を感じます。

ご案内役の手仕事研究家・フリーランスキュレーターの石田紀佳さん、ご参加くださるみなさんと一緒に、自分の解釈がぼんやり浮かびあがってくるのを待ちたいと思っています。

星の坊主さまが書きおろす月にまつわるお話も配布します。
旧暦長月十三夜を、ぜひご一緒しましょう。





〈詳細〉
旧暦長月十三夜『月まつり』

かつて地球の一部であったというお月さま。
月を見て、懐かしい気持ちになるのはそのせいかもしれません。

月待ち講なるものは、もとは「月まつり」だったそうです。
「まつり」がいつしか、「まつ」となったそう。

では、どうしてわたしたちは月を祀るのでしょうか?

それは月がもっとも近い星であり、多大な影響をイノチがうけているからです。
潮の満ち引き、人の生死、植物の生長と結びついています。

11月1日の講座は、月の道、白道の上昇と下降、黄道十二星座や太陽との関係のお話。
座学のあいまには、月餅風味月団子を。
天体を身近に感じるお菓子を作ります。
当日は、黄色いきな粉にして、月の満ち欠けなどをあらわします。




11月2日は、月と深い関わりのある月経に光を当てたお話を聞き、手拭いで下着を縫っていきます。星の坊主さまが無農薬・無肥料で大切に育てた玄米と地粉で作る、おかゆぱん付きです。



両日ともに、男性も大歓迎!
きっと、もっともっと月に助けられ、暮らしに宇宙的広がりが生まれることでしょう。
わたしたちは月によって強くやさしくなれるのです。


〈日時〉

◯11月1日(水)
星空入門講座 その2『白道を描く月のシグナル』
月にまつわるお話と、天体を視覚化するおやつ作り
〈受講料〉4500円  *テキスト、おやつの材料費込み

◯11月2日(木)
月経のお話と、手拭いの下着「まつりパンツ」作り
『月経養生(つきのみちやしない)の会』
〈受講料〉4500円  *テキスト、おかゆぱん付き

◯両日参加
合計 8000円(1000円引きです)

〈時間〉両日 11時〜15時 
*途中休憩(一品持ち寄りランチ)あり

〈持ち物〉
◯11月1日(水)、◯11月2日(木) 両日
・お昼に参加者の皆さんと食べたいもの一品

◯11月2日(木)のみ
・裁縫道具
・布 … 手拭いや晒など34 cm 幅の反物。 長さはヒップ+5cm(98〜100cmくらい)
・ゴムか紐 … パンツのウエストくらいの長さ
*こちらで用意する布(綿晒)やゴムをご希望の方は材料費(500円)を別途頂戴します

〈場所〉
「とうめい」長野県 佐久市 春日 
*お申し込みの方に住所をお知らせします

〈交通〉
駐車場あり。駐車スペースの関係で、別の場所に駐車後こちらで送迎させていただく場合もございます。あらかじめご了承ください
公共交通機関でお越しの方は、当日10時40分ころ会場最寄りの〈佐久平駅〉蓼科口バスターミナルまで車でお迎えにあがります。送迎は別途400円頂戴します

〈お申し込み〉
下記専用フォームよりお申し込みください。
https://goo.gl/forms/TIMtEpVMcrxD4D9P2

〈主催〉
星の坊主さま
http://www.starbows.net/

「望月おかいこ農場」吉原大輝くんの真綿紡ぎ糸のこと



【講座】8/22(火) 旧暦七夕の星空入門『黄道十二星座のめぐり』
http://www.starbows.net/posts/2763868

「望月おかいこ農場」吉原大輝くんの真綿紡ぎ糸のこと

吉原大輝くんはこの春(2017年)に農場をはじめたばかりの青年です。農薬を使わず野菜・米・麦を育てながら、おかいこの飼育、糸づくり、織りものなどを生業としています。奥さまとふたりのお子さんに支えられながら、たったひとりで桑の木を育てるところからはじめ、おかいことの安定的な暮らしにむけて少しずつ歩みだしています。

そんな吉原くんが紡いだ「真綿紬ぎ糸」をわけてもらえることになりました。師匠のハネ繭を「大ちゃんがちゃんと使ってくれるならば」と譲っていただいたものを、彼が選別したり虫干ししたりして、真綿にしたものです。

彼の農場や工房は、会場となる「星の坊主さま」の家から車で5分ほどの距離にあります。
この、ごくごく近い距離のあいだで、彼が紡いだ糸がわたしたちに受け渡され、新たな手仕事を加えられること…こうやって書いてしまえば数文字で終わってしまうのですが、いま、この時代の世界の在りようのなかでは、とても有り難く幸せなことです。おおげさだと笑われるかもしれないけれど、うれしくて震えてしまうほどです。

今回、彼の協力により講座の日に「真綿紬ぎ糸」を販売いたします(1束 500円)ので、ご希望の方は彼の糸をぜひ使ってみてください。刺繍糸よりはずっと細く繊細ですが、2本取りにしたり、何度も同じところに刺したりして使っていただけると思います。ご自分で工夫するのも楽しいですね。

前日に行われる「藍の生葉染めの会」(http://www.starbows.net/posts/2765026)では、「星の坊主さま」の畑で育てた藍の葉で、彼の糸を染めてみようと思います。何度か藍の生葉染めを経験してきたわたしも、どんなふうに染まるのだろうと、新しい気持ちでワクワクしています。
(*「藍の生葉染めの会」は定員に達したため受付を終了しました。)



【講座】旧暦七夕の星空入門『黄道十二星座のめぐり』

遠い宇宙に浮かぶ星々は、実は、地球に共に生きる身近な草木のようにわたしたちと繋がっている。本講座では、十二星座を手がかりに、星々と人間の影響を感じるお話にじっくり耳を傾け、ご自身の星座の刺繍をして手を動かしていきます。

タイミングが合えば、吉原くんも講座に参加してくれるそうです。どこまでもまっすぐに、まじめにおかいこや野菜作りにとりくむ吉原くんの人柄や、彼のお話にぜひ触れてみてください。
みなさまのご参加、こころの底からお待ちしています!

詳しくはこちらをご覧ください
http://www.starbows.net/posts/2763868